緩和ケア病棟

愛とやすらぎのフロア

 私たちは、痛みや不快感、辛さを抱えながら生活する方のお役に立ちたいと考えています。ここでは、苦痛症状の緩和を目指します。その人らしく過ごしていただくためには、痛みや症状のコントロールはとても大切なことです。そして、患者さんの希望や意思を尊重し、心みたされるように援助しています。
 痛みやつらい症状がコントロールされてきた時期は家庭復帰をしていただき、ご家庭での生活を大切にされることを目指しています。

入棟までの手続き

緩和ケア病棟への入院のご希望については、

  1. 当院の外来に通院中の方は、主治医にご相談ください。
  2. 緩和ケア外来はがん医療センター(金曜日)の午前中に予約診療を行っています。
  3. 緩和ケア病棟ご希望の際は、主治医が緩和ケア入棟申込書にて連絡します。
  4. 院外(他院)からご紹介の方は、紹介状をご持参の上、該当する診療科に受診してください。がん相談窓口を設けていますのでご相談ください。
  5. 当院の一般病棟入院中の方は主治医にご相談してください。入棟申込書が届き次第、見学を患者・家族の方にしていただきます。
  6. 入棟申し込みに対して、緩和ケア入棟検討会が行われます。入棟日時は後日ご連絡いたします。

緩和ケア病棟入棟基準

  1. 悪性腫瘍または後天性免疫不全症候群の診断を受け、医師から自分の病名・病状の説明を受けている。
  2. 治癒を目的とした治療が終了し、疼痛や症状コントロールを目的としている。
  3. 入棟を、患者本人と家族が希望される。
  4. 患者さん自身が自分の意思を伝えられることが望ましい。

よくある質問

*どんな事をするのですか?

  • 薬剤を使用して痛みやだるさなどの辛さを楽にします。
  • 入浴、リラクセーションなど、心地良く感じていただくケアで、気分を和らげます。平日の午後3時ごろにボランティアとティ-タイムを行い、生活に変化をもたせています。
  • 眠れない夜は、さわやかなアロマの香りで、眠りのお誘いをいたしましょう。
  • 差し支えなければ 不安に思うこと、心配していることなどを伺う専門の医師が診察します。どんなことも、一緒に対策を考えましょう。

*どんなときに利用すると良いですか?

  • 積極的な治療後または治療の合間に、つらい症状を和らげたいときにお勧めします。
  • 原則、本人とご家族が緩和ケアを希望されることが必要です。
  • がん早期でもつらい時には、スムーズな自宅療養に向け、症状コントロールに活用されるとよいです。
  • 一般病棟からの退院前に、体験入院もできます。

*他の病棟とどう違いますか?

  • 全人的な身体とこころのケアに力を注いでいます。
  • 専門的な多くの職種でチーム医療を提供します。
  • 苦痛を伴う検査や処置を少なくするようにしています。
  • ご家族に対するサポ-トも行います。
  • 面会や外出などの制限は、殆どありません。
  • ご家族が過ごしやすい設備があります。
  • ペットの面会は、いくつかの条件と注意事項はありますが、可能です。

*希望すればすぐ入れますか?

  • 申し込みから入院まで2週間から1ヶ月程度かかることがあります。
  • 待機時間を考慮して、事前の相談をなさると安心でしょう。

*費用はいくらですか?

  • 緩和ケア病棟緩和ケア病棟として認可を受けている当院では、医療費は定額制です。
  • 一日当たり約49.200円×健康保険の自己負担率 が入院料です。(例えば、70歳未満で3割負担の方:1日約15.000円程度です)
  • 一ヶ月の自己負担額が一定額を超えると高額医療費制度を適用できます。詳しいことは、医事課職員にお尋ねください。
  • 食事代、病衣、個室料、文書料などは、別途かかります。
  • 部屋には3人部屋と無料個室・有料個室(6.480円)特別室(10.250円)があります。詳しい条件などについてはご相談ください。
イベントカレンダー
11月 2018
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC