都道府県がん診療連携拠点病院

 がん診療連携拠点病院とは、専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の整備、患者・住民への相談支援や情報提供などの役割を担う病院として、国が定める指定要件を踏まえて都道府県知事が推薦したものについて、厚生労働大臣が適当と認め、指定した病院です。
 がん診療連携拠点病院には、各都道府県で中心的役割を果たす「都道府県がん診療連携拠点病院」と、都道府県内の各地域(2次医療圏)で中心的役割を果たす「地域がん診療連携拠点病院」があります。
 福井県立病院は、地域がん診療連携拠点病院の役割に加え、県内におけるがん診療の質の向上およびがん診療連携協力体制の構築、PDCAサイクルの確保に関し中心的な役割を担う都道府県がん診療連携拠点病院に指定されています。
 また、福井県内どこでも質の高いがん医療が受けられるよう、がん診療連携拠点病院間の協力連携体制の整備促進を図るため、福井県がん診療連携協議会を設置しています。

がん診療体制

がん医療センターの紹介

診療実績

  • 臨床指標
  • 診療実績
  • 院内がん情報

地域医療連携

医療安全

医療の質向上への取組み

臨床倫理

イベントカレンダー
11月 2018
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC