地域医療連携医の皆様へ

こころの医療センターへリンク

開放型病床ご利用のご案内

当院では、地域の医療機関との緊密な連携と機能分担を推進し、医療技術の向上を図るために、30床の開放型病床を設置しておりますので、是非ご利用ください。

入院手続き

  1. 地域医療連携医は、開放型病床への入院に際しては患者さんに対して十分な説明をしていただき、患者さんの同意を必ず得てください。
  2. 患者さんの同意が得られた場合、地域医療連携医は開放型病床入院依頼書(兼診療情報提供書)を地域医療連携推進室あてにFAX(0776-57-2901)で連絡してください。
  3. 地域医療連携推進室では、病院主治医等を決定し、開放型病床入院承諾書を地域医療連携医あてにFAXいたします。
  4. 承諾を受けた患者さんは、入院当日、上記の入院承諾書を当院に提出し、入院手続きを行っていただくことになります。
  5. 土、日、祝・休日等や平日午後5時以降の時間外における入院については、救命救急センターの当直医師に連絡(TEL0776-57-2990)してください。 原則として入院を受入れますが、満床等の理由により入院の受入れが困難な場合もありますので、その際はご連絡します。
  6. 事務手続き上、入院時に必要なものは次のとおりですので、地域医療連携医においては患者さんに持参していただくよう依頼してください。患者さんは当日「B紹介」受付においでいただくことになります。
    • (ア)開放型病床入院承諾書
    • (イ)保険証(健康保険証、老人健康保険証等)
    • (ウ)開放型病床の利用に当たっての承諾書(当日、承諾の旨の署名をしていただきます。)
開放型病床に関する連絡先
地域医療連携推進室
月〜金(8:30〜18:00)
Tel:0776-57-2900
Fax:0776-57-2901

*土・日・祝・休日および平日時間外(18:00〜8:30)は救命救急センターへご連絡ください。
(Tel 0776-57-2990  Fax 0776-57-2991)

↑ページ上部へ戻る

共同診療

  1. 地域医療連携医は、病院主治医と共同で診療、指導等を行っていただきます。
  2. その際の診療時間は、原則として、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後9時までです。
  3. 地域医療連携推進室(1階入退院支援室の奥)および病診連携医師室(9階北病棟)に白衣を用意しておりますので、地域医療連携医は、共同診療に際しては、白衣に着替え、名札をつけてください。
  4. 診療後は、開放型病床の共同指導記録用紙に必要事項をご記入ください。共同指導料の算定は、この共同指導記録用紙に基づき算定いたします。なお、電子カルテに診察記事をご記入の場合でも、同記録用紙に日時、患者名、地域医療連携医名のご記入をお願いします。記録用紙は上記3の両室に置いております。
  5. 患者さんに緊急事態が生じた場合は、必要に応じて病院主治医または病棟看護師から地域医療連携医へご連絡させていただきます。
  6. 地域医療連携医は、緊急時の連絡先を病棟看護師長まで、あらかじめお伝えください。

↑ページ上部へ戻る

電子カルテの使用について

  1. 患者さんの診察記事は、電子カルテに記入いただくか、開放型病床共同指導記録用紙に記入いただくかどちらでも結構です。電子カルテ入力の際は、各病棟のパソコンで入力してください。
  2. 電子カルテの入力には専用IDカードとパスワードが必要です。IDカードとパスワードは地域医療連携医お一人おひとりに、お知らせいたします。なお、電子カルテの操作につきましては、IDカードと共に「診療記事入力マニュアル」をお渡しいたしますので、参考にしてください。

↑ページ上部へ戻る

病院施設の利用について

  1. 開放型病床の入院患者さんは、他の入院患者さんと同様に、病院の施設を利用し、食事等の指導を受けることができます。
  2. 地域医療連携医は、手術室や分娩室を使用することができます。
  3. 外来検査等に参加することができます。また、地域医療連携医の患者さんについて外来検査を依頼し、検査結果のレポートを受けることもできます。検査の予約等にあたっては、診療情報提供書(診療申込書)を地域医療連携推進室あてにFAXしてください。予約終了後、同室から予約日を記載した診療申込み確認書を地域医療連携医あてにFAXします。
  4. 地域医療連携医は、医療技術の研修を希望されるときは地域医療連携推進室へ連絡してください。
  5. また、当院が開催する学術講演会、カンファレンス等に自由に参加でき、当院の図書についても、自由に閲覧等ができます。
  6. このほか、当院の診療録、医学資料等も所定の手続きを経て、閲覧することができます。

↑ページ上部へ戻る

地域医療連携医としての留意事項

  1. 地域医療連携医は、来院中、病院内の規則や病棟での取決め等に従ってください。
  2. また、登院の際は、病院指定の駐車場を利用してください。
  3. 開放型病床の利用における医療事故については、病院が加入する自治体病院共済会の病院賠償責任保険が適用されます。
  4. 開放型病床における諸事項については、地域医療連携推進室までご連絡ください。病院内関係者と協議し、改善策等を検討します。

↑ページ上部へ戻る

地域医療連携通信(コンチェルト)のご紹介

地域医療連携通信「コンチェルト」は、地域の医療機関の先生方を対象に年3~4回発刊している機関紙です。「コンチェルト」の名前の由来は、当院医師と地域医療機関の先生方とが、協奏曲を奏でるように協力・連携し合い、患者さんへの診療に当たれるよう願いを込めてつけられたものです。
  ★平成27年4月より病院広報誌「コンパス」と統合し発刊しています。
   ⇒
病院広報誌「コンパス」はこちら