臨床工学技術室

 臨床工学技術室の構成員は、工学士7名、事務員1名です。主な業務部門は血液浄化療法室、手術室、不整脈治療、高気圧酸素治療、ME機器管理などに携わっています。また、より高度な専門知識の資格認定取得は、

 臨床工学士  7名
 第2種ME技術認定  5名
 体外循環技術認定  3名
 透析技術認定  2名
 不整脈治療専門認定  1名
 3学会合同呼吸療法認定  1名

1 血液浄化療法室業務

血液を体外循環させ体内の不要物質や病因物質を除去、吸着、交換などの血液透析や特殊な治療業務にも携わっています。また、緊急時には24時間365日オンコール体制で対応しています。

2 手術室業務

人工心肺装置、自己血回収装置、神経誘発電位装置、植込み型ペースメーカー・ICD、腹腔鏡胸腔鏡装置などに携わっています。また、人工心肺関連の緊急時には24時間365日オンコール体制で対応しています。

3 不整脈治療関連業務

心カテ室でのアブレーション治療、ペースメーカー外来クリニック、ICD外来クリニックなどに携わっています。

4 高気圧酸素療法業務

通常の気圧(1気圧)より高い気圧(2~2.8気圧)にすることで、血液中に酸素を溶け込ませ、組織の修復と改善を行う治療です。緊急時には24時間365日オンコール体制で対応しています。

5 ME機器管理室業務

人工呼吸器、除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、生体監視モニターなど約1700台のME機器を管理し保守点検、修理業務を行っています。また、輸液・シリンジポンプ、経腸用ポンプや超音波ネブライザー、低圧持続吸引器などの貸出し業務も行なっています。