麻酔科

麻酔科の紹介・特色

救命救急センター長: 上田  隆夫
救命救急センター長:上田  隆夫
 麻酔科は、手術を受けられる方の主に全身麻酔と、手術後を中心として、多発外傷、熱傷、薬物中毒などでショック状態に陥った重症患者さんの治療を行う集中治療を主に診療しています。
 全部で11部屋ある手術室で、新生児から100歳を超える高齢者の方まで、全身麻酔を受けられる全ての方を対象に、患者管理を外科医、看護師、臨床工学士と連携を取りながら行っています。
 様々な合併症を持つ患者さんが手術を受けられるので、手術前には手術前診察を行っており、全身麻酔を行うに当たって、追加検査、内科医による精査が必要かどうかを判断し、全身麻酔の安全性を高めるようにしています。
 手術中は麻酔薬の投与を行うだけでなく、血圧を上げる薬や下げる薬を投与したり、人工呼吸器を患者さんの状態に合わせて設定したり、輸液、輸血の量を調節しています。特に重症な患者さんには手術後に集中治療室に入室していただき、引き続き麻酔科医と主治医が協力しながら治療に当たるようにしています。
また、緊急手術に速かに対応できるよう、麻酔科医が24時間365日待機しています。
 

 

 集中治療室では救急で来られた重症患者さん、入院中に症状が重症化した患者さん、大手術後の患者さんの診療に当たっています。重症患者さんは複数の臓器障害を起こすことも稀ではないために、主治医だけでなく、チームで治療することが良い医療を提供できるという考えから、集中治療部では麻酔科、循環器内科、呼吸器内科、心臓血管外科の医師が中心となって、チームとして治療に当たっています。
 本院の集中治療部は、手術室と連絡路で直接つながっていますので、手術後の患者さんの移動が安全にスムーズに行えます。
 集中治療室には麻酔科医が常駐しており、患者急変時や緊急に集中治療が必要になった患者さんの受け入れが24時間365日可能です。

診療(手術)実績

手術、全身麻酔 件数

 平成27年度平成26年度平成25年度
総手術件数4882件4992件5268件
全身麻酔件数2544件2762件2724件
局所麻酔件数2338件2230件2544件

集中治療部

平成27年度 利用患者数 841名   平均在室日数 4.2日

医師紹介

外来担当医師表

施設認定

日本麻酔科学会 指導病院