内分泌・代謝内科

内分泌・代謝内科の紹介・特色

勝田 裕子
医長:勝田 裕子
 糖尿病の患者さんには、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師が関わるチーム医療による適切な助言と治療を行い、糖尿病合併症の発症阻止、進展防止を目指しています。糖尿病以外の内分泌疾患・代謝疾患(後記)に対しても正しい診断と適切な治療を実施するように努めています。
 
 
 
 

●糖尿病は自覚症状がないままに余病をひきおこす病気です

糖尿病は、生活習慣病やメタボリック・シンドロームの一部としても扱われます。「つらい」、あるいは、「日常生活に不都合」という自覚症状がないまま長期に続いた後に、動脈硬化症などの色々な病気を惹き起こしてくることがあります。

余病を防ぐために、糖尿病を知っていただく取り組みを紹介します

糖尿病教育入院―1週間コース

 糖尿病が原因となる色々な病気(合併症、と言います)が出た後で、「他の病気の原因になるとは知らなかった」、「合併症を早期から治療しなければならないとは知らなかった」、「合併症を早期発見する方法があるとは知らなかった」、「合併症を予防する方法を知らなかった」とホゾを噛む方が多数おられます。「知らなかった」という後悔をしなくて良いように、『糖尿病教育入院-1週間コース』を準備しています。医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師が色々なお話をします。また、患者さんお一人お一人のお気持ち、好み、生活パターンをお聞きしながら、その時点での最善の療養方法を提案しています。1週間の期間では、その後の治療方針を確定することはできませんが、知識を得る勉強、食事療法や運動療法の経験、糖尿病状態の検査などを効率良く実施できます。 『教育入院』をご希望の方は、かかりつけの先生を通してお申し込みください。
糖尿病教育入院は、祝祭日の無い8日間(火曜日開始)に行ないます。

平成28年7月以降の予定は下記のとおりです。

  年  月 教 育 入 院 開 始 日
平成28年 7月  5日、19日、26日
   8月  2日、16日、23日、30日
   9月  6日、 27日
  10月 11日、18日、25日
  11月  8日、15日、29日
  12月  6日、 13日
平成29年 1月 10日、17日、24日、31日
   2月  7日、 14日、21日、28日
   3月  7日、 21日、28日
   4月  4日、11日、18日、25日
   5月  9日、16日、23日、30日
   6月  6日、13日、20日、27日
   7月  4日、18日、25日

※ 上記以外にも行なうことがあります。

糖尿病教室

 「知らなかった」という後悔をしなくて良いように、毎週水曜日の午後に管理栄養士による『糖尿病教室』を行なっています。毎月の第1水曜日に始まって、連続3-4回(時に5回)で1セットです。糖尿病教室に先立って、医師、看護師、または、理学療法士も、必要なことのうちの最少限をお話します。自己学習のキッカケになることを期待しています。複数の患者さんやそのご家族が出席されていますので、お一人お一人の状況をお聞きしたり、個人別の療養方法を提案したりすることは、残念ながらできません。 『糖尿病教室』をご希望の方は、かかりつけの先生を通してお申し込みください。または、当日午前に内科を受診してお申し込みください。

下記のお話に続いて、管理栄養士がお話します。

第一水曜日 「糖尿病とはこのような病気です」   担当 奇数月 勝田医師・偶数月 和田医師

第二水曜日 「糖尿病の合併症を予防するために」  担当 若杉医師

第三水曜日 「糖尿病の治療について」       担当 理学療法、若杉医師

第四水曜日 「日常生活で注意したいこと」     担当 看護師

第五水曜日 「運動療法について」         担当 理学療法士

水曜日の回数が少ない月は、月の回数にあわせて各回の内容を調整しています。

 

糖尿病療養指導士

 糖尿病に関するご質問やご相談をお受けするために、日本糖尿病学会等の専門機関が推進している『日本糖尿病療養指導士』制度(http://www.cdej.gr.jp/ link)があります。当院には、2016年3月現在で、看護師 3名、管理栄養士 1名、臨床検査技師 5名、薬剤師 4名、理学療法士 1名、合計 14名の『日本糖尿病療養指導士』がおります。また、当院内分泌代謝科の若杉や福井大学、日赤、済生会の専門医で設立した福井糖尿病療養指導研究会(http://fukui-cde-society.com/ link)が主催する、約30時間の研修会を受講し、修了試験に合格した当院の職員約150名にも、各科病棟あるいは外来でご相談いただくことができます。

糖尿病療養相談室

  1. インスリン自己注射を継続しておられる方、或いは、インスリンと自己血糖測定を継続しておられる方について、在宅療養に関するご相談をお受けしています。
  2. 足の壊疽や切断を防ぐために、タコなどの手当てを行ないながら、自宅での足の手入れ方法をご案内しています。
  3. 毎週月曜日2名、火曜日3名、水曜日1名、木曜日4名、金曜日2名の予約枠で研修を受けた看護師が担当しています。内分泌代謝科を受診してご予約ください。

糖尿病腎症による血液透析(人工腎臓)を予防するために

 管理栄養士による食事指導、看護師による日常生活に関するお話、医師の診療をまとめて一セットとした予約枠を作りました。内分泌代謝科、または、腎臓内科を受診してご予約ください。月曜日と火曜日は午前と午後に各1名、水曜日と木曜日は午前だけで1名です。

診療実績

  平成25年 平成26年 平成27年
内分泌代謝科に入院した糖尿病患者数 222人 173人 183人  
上記の内、1週間教育入院パス参加者数 64人 51人 56人  
内分泌代謝科に入院した糖尿病以外の患者数 47人 43人 56人  
他科に入院治療中の血糖管理を担当した患者数 410人 505人 494人  
他科入院治療中に糖尿病以外で診療した患者数 59人 67人 64人  

対象疾患名

糖尿病、糖尿病昏睡、高血糖高浸透圧症候群、低血糖症、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺腫、先端巨大症、成人成長ホルモン欠損症、尿崩症、上皮小体機能亢進症、上皮小体機能低下症、クッシング症候群、副腎不全、アルドステロン症、褐色細胞腫、低ナトリウム血症、低カリウム血症、高脂血症、高尿酸血症、痛風

医師紹介

外来担当医師表

施設認定

糖尿病合併症管理料の施設基準を充足
皮下連続式グルコース測定の施設基準を充足
糖尿病透析予防指導管理料の施設基準を充足


日本糖尿病学会認定教育施設
日本糖尿病療養指導士認定試験受験資格の施設要件を充足
日本糖尿病療養指導士在籍者数 2015年3月現在で、看護師 3名、管理栄養士 1名、臨床検査技師 5名、薬剤師 4名、理学療法士 1名