神経内科

神経内科の紹介・特色

医長:濱田 敏夫
医長:濱田 敏夫

 神経内科は、脳・脊髄(中枢神経)、末梢神経、筋等、全身の神経・筋疾患を診る科です。頭痛、めまい、複視、手足のしびれ、筋痛及び筋痙攣、四肢筋力低下、言語障害、認知障害、てんかん、意識障害等の症状が自覚症状となります。

  1. 3名のスタッフで診療しています。日本神経学会教育施設の認定も持ち、研修医の教育も行っています。
  2. 外来は2名で担当します。新患担当と再診担当に分かれ、新患外来は特に十分な時間をかけて対応しています。 このため当日受け付けしていただいた方は待ち時間が長くなることがあります。
  3. 診断や治療に必要な機器や検査システムは、研究室レベルの検査以外は当院ですべて整っています。特殊な検査は県内・全国の関連研究機関との連携を保って速やかに実施しています。
  4. 受診される方は、かかりつけ医の処方内容を記載した手帳や用紙、かかりつけ医での検査結果の用紙等をなるべく持参するようにしてください。
  5. 神経難病が多く含まれるため、神経難病の福井県の拠点病院として、県難病支援センターや健康福祉センター、介護保険事務所や訪問看護ステーション、各種患者会との連携を重視して在宅療養を支えています。

対象疾患名

脳血管障害(脳梗塞、中枢神経の血管炎等)、感染症(髄膜炎、脳炎、クロイツフェルト・ヤコブ病等)、中枢神経系変性疾患(パーキンソン病および関連疾患、脊髄小脳変性症および多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、その他)、代謝性脳障害(ミトコンドリア脳筋症、ウイルソン病、糖原病等)、多発性硬化症、末梢神経障害(ギランバレー症候群、内科疾患や栄養障害・金属や有機化合物による中毒・先天性代謝障害等に伴う末梢神経疾患)、筋疾患(筋炎、筋ジストロフィー症、先天性筋症、内科疾患に伴う筋症、筋痛症、重症筋無力症等)、てんかん及び関連疾患、各種認知症、各種慢性頭痛等

医師紹介

外来担当医師表