核医学科5

IMRT(強度変調放射線治療)

脳腫瘍に対するIMRT(強度変調放射線治療)治療例

脳腫瘍に対するIMRT(強度変調放射線治療)治療例

 脳内にある悪性腫瘍に一致するように8方向より175門照射をおこなう治療計画(IMRT)。脳腫瘍には目的の98~102%の放射線が集中治療され、周囲の正常脳組織では影響の出ない値まで軽減されています。これらの治療計画はインバースプラン(逆解計算法)によりなされており、コンピューターにより多くの治療計画(数百~数千)の中から選ばれた治療計画は医学物理士により検証・保証されています。

核医学科へ戻る pagelink