眼科

眼科の紹介・特色

医長:宮下 洋亮
医長:宮下 洋亮

 

 当科は、眼科の急性期病院としての機能を担っており、緊急に処置を要する疾患、他院からの紹介、重症の方、全身疾患の合併がある方の多いことが特徴です。
 国からの指導に従い、地域医療機関(かかりつけ医)との役割分担を重視し、紹介状を持参された方を優先して診療を行っています。

 

 

★紹介状を持参の方へ
 当日、紹介状を持参されても、予約の方の診療等で待ち時間が長くなる場合がありますので、どうぞご容赦ください。
★紹介状をお持ちでない方へ
 緊急疾患の方は当科で対応させて頂きますが、それ以外の方は地域医療機関(かかりつけ医)での診療をお願いしております。

当院では眼鏡、コンタクトレンズの処方は原則としておこなっていません。

白内障手術

 最新の器械を導入しており、約2.5ミリという極小切開で手術をしています。これまでの方法よりも早期の回復が可能となりました。

硝子体手術

 糖尿病網膜症、網膜剥離などの網膜硝子体疾患に対する手術をおこなっています。広角観察システム、小切開硝子体手術(25または27ゲージ)を導入しており、より低侵襲の手術が可能となりました。

診療(手術)実績

(件数)
平成26年
総数 588
白内障 445
緑内障 2
網膜硝子体 49
眼瞼 21
その他 71

対象疾患名

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、加齢黄斑変性症、ドライアイ、眼瞼下垂

医師紹介

外来担当医師表