泌尿器科

泌尿器科の紹介・特色

主任医長:平田 昭夫
主任医長:平田 昭夫
 泌尿器科は、泌尿器臓器である腎、尿管、胱、尿道の疾患と男性生殖器である精巣、精巣上体、精管、精嚢、前立腺、陰茎の疾患の治療を行なっています。特に当病院は癌治療の拠点病院であり、前立腺癌の動体追跡放射線治療を始め、高度な癌治療を行っています。
  1. 腎癌については手術は、基本的に切開創7cmのミニマム創で腎摘除術、腎部分切除術を行っています。切除不能症例には腫瘍血管の塞栓術を行っています。
  2. 膀胱癌については、80歳以下の浸潤性癌に対し、膀胱全摘除術と抗がん剤併用の放射線治療を選択していただき行っています。
  3. 前立腺癌については、70歳以下の局所癌(ステージB)について、前立腺全摘除術 と動体追跡放射線治療を選択していただいています。局所浸潤性癌(ステージC)については抗男性ホルモン併用の動体追跡放射線治療を進めています。動体追跡放射線治療は、前立腺周囲組織の放射線障害を軽減する目的で、前立腺内に金球を3個前もって挿入し、 コンピューターにて位置決めをし約6週間行っています。前立腺全摘除術は7cmの切開創のニマム創にて行っています。

診療(手術)実績

(件数)
平成19年 平成20年
手術総数 232 218
腎癌手術 17 22
腎尿管全摘除術 5 9
膀胱全摘除術 2 0
前立腺全摘除術 11 7

対象疾患名

閉塞性腎盂腎炎(複雑性腎盂腎炎)、急性前立腺炎、急性精巣上体炎 腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺癌、精巣腫瘍、腎、尿管、膀胱結石、腎外傷、尿道損傷、神経因性膀胱、腹圧性、切迫性尿失禁

医師紹介

外来担当医師表

施設認定

社団法人日本泌尿器科学会専門医基幹教育施設