基本理念、患者さんの権利・責務

基本理念

 私たちは、総合的かつ高度な医療の提供を通じて、県民に信頼され、心あたたまる病院をめざします。

基本方針

  1. 心身ともに全人的な医療を提供します。
  2. 質の高い医療、特殊・先駆的医療を提供します。
  3. 安全管理を徹底し、患者本位の医療を提供します。
  4. 救命救急医療の充実をはかります。
  5. 地域医療機関との連携に努めます。
  6. 個人情報の適切な管理を行います。
  7. 健全な経営に努めます。

患者さんの権利と責務

 当院では、患者さんに質の高い医療を安全に安心して受けていただくとともに、思いやりに満ちた心あたたまる医療が提供できるよう日々努めております。 患者さんには、最善な医療を円滑に受けて頂くために、次のような権利と責務がありますので、ご協力をお願い申し上げます。

患者さんの権利

  1. 良質な最善の医療を受けることができます。
  2. 医療従事者から十分な説明を受け、ご自身の意思で医療を選択することができます。ただし、患者さんの意思が、法の定めや医の倫理に抵触する場合は、患者さんの意思に関わらず、当院は、必要最小限の医療を行うことがあります。
  3. 病院を自由に選択し、また別の医師の意見を求めることができます。
  4. ご自身の診療情報を得ることができます。
  5. 個人情報は守られ、プライバシーは尊重されます。
  6. 人間としての尊厳に配慮された医療を受けることができます。
  7. 入院中に通信や面会などにより、ご家族及び権利擁護の援助者など外部の第三者と交流することができます。

患者さんの責務

  1. ご自身の健康状態に関する情報を可能な限り正確に提出してください。
  2. 治療に積極的に参加していただくとともに、治療に関する指示や助言を守ってください。
  3. 医療行為の妨げ(暴言・暴力など)や他の患者さんの迷惑となる行為は慎んでください。
  4. 病院内の設備や備品を大切にご使用いただくなど、病院の規則を守ってください。
  5. 受けた医療に対しては、診療費をお支払いください。

責務を守って頂けない場合は、当院での医療提供を受けられないこともあります。

平成27年3月 福井県立病院