緩和ケア病棟家族会

        緩和ケア病棟家族会花の写真

花のイラスト

 平成26年度7月6日(日曜日)、緩和ケア病棟の『家族会』が開催されました。 家族会は、平成16年緩和ケア病棟が開設された翌年より開催され、本年度で10回目になります。緩和ケア病棟でお亡くなりになった患者さんのご家族の方々にお集まりいただき、故人を偲び少しでも癒しを感じていただくために開催しています。

金剛院住職、諏訪ふげんさんのお話の様子

 今年は、金剛院住職の諏訪ふげんさんに「一番深い悲しみは、胸の奥にしまっておいて、人の悲しみを理解する種にしよう」をテーマに話をしていただきました。

一番深い悲しみは、胸の奥にしまっておいて、人の悲しみを理解する種にしようハートマークのイラスト

緩和ケア病棟家族会の様子緩和ケア病棟家族会の様子患者と家族と医者のイラスト

花のイラスト

 参加されたご家族からは、「看護師に会えてよかった」
「同じ悲しみを背負った家族の人と話ができて癒されました」
「故人を偲ぶことができました」という感想をいただきました。
私たちは、「一期一会」の思いで看護しています。
これからも、緩和ケア病棟の質の向上・充実を図っていきます。花束の写真クマのイラスト
参加されたご家族の皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。

花のイラスト