看護部長あいさつ

 福井県立病院は、多くの政策医療や高度医療を担う基幹病院として、県民の安全・安心のよりどころとしての使命を有し、県民に信頼され、心あたたまる病院を目指しています。
 看護部は、理念に沿って患者さまとそのご家族を看護サービスの中心に置き、「思いやりの心」をキーワードとして、寄り添い心あたたまる最適な看護の実践にむけて、日々看護ケアに取り組んでいます。専門職としての「誇り」と、看護をさせていただく「喜び」をもち、地域の人々のニーズに応える看護を提供できる人材の育成が大切だと考えています。常に変化する社会や医療のニーズに対応するため、専門的な知識と技術を発揮できる人材を積極的に育成しています。
 私たちは、看護師一人一人の「こんな看護を実践したい」という熱い思いを支え、よりよい看護を提供できる看護職員へと自ら成長できるように教育サポート体制を整えています。新人看護職員の成長を組織全体で共にはぐくむ組織風土も根付いています。「学び続ける」「創意工夫する」「誇りと喜びをもって働く」「支えあい・認め合う」これらの4つの姿勢を常に持ち、地域の人々に信頼される、心あたたまる看護を提供することが、私たちの願いです。是非、私たちと一緒に県立病院で看護職員としてのキャリアデザインを作り上げていきませんか。あなたと一緒に看護ができる日を楽しみにしています。

                            認定看護管理者
                            看護部長  上木敦子