2018年05月31日

平成30年度 ナイチンゲール生誕記念行事について

 5月12日は看護の創設者であるナイチンゲール女史の生誕記念日です。この日を記念して、平成3年に「看護の日」「看護週間」が制定されました。福井県立病院では5月10日に「地域につなぐみんなの健康」をテーマとし、看護週間行事を開催しました。
 お茶とお花のおもてなしコーナーでは、お越しいただいた患者さんやご家族、地域住民の方々にお茶を楽しんでいただいた後、その茶碗に自由に花を活けていただきました。専門看護師・認定看護師の知恵袋では、お役に立てる情報を発信できるよう「救命講習(AEDがつなげる命のリレー」「床ずれの予防」「ストレスと上手につきあうために」をテーマに講演を行いました。また臓器移植やHIV/AIDS、がん等について、お越しいただいた方がお気軽に相談いただけるようコーナーを設けました。午後からの当院スタッフによる「四ツ井2丁目バンド」のコンサートでは、懐かしい曲やオリジナルの曲を演奏しました。多くの方にご来場いただき、会場は賑わいました。