母子医療センターの紹介

 福井県立病院母子医療センターは、平成16年5月の病院の新築移転に伴い、県の周産期医療システムの中核施設として開設されました。新生児集中治療室(NICU)11床とその後方病室である新生児回復期治療室(GCU)9床、母体・胎児集中治療室(MFICU)6床を備えています。

回診の様子
回診の様子

 国の総合周産期母子医療センター(厚生労働省)に指定され、合併症妊娠・多胎妊娠・切迫流早産・胎盤位置異常・胎児異常などのハイリスク妊娠・分娩の母体や、出生時体重1000g未満の超低出生体重児などの周産期医療に取り組んでいます。

 産科と小児科の医師・看護師・助産師がチームを組み、専門的な治療・看護を行なっています。24時間体制で母体搬送および新生児搬送の受け入れを行い、他診療科と密接な連携を取りながら、高度で総合的な医療を提供しています。

 周産期医療情報ネットワークにて、当センターをはじめ県内の母体・新生児治療用ベッドの利用状況を確認し、患者さん受け入れについて情報を交換しています。

看護の紹介

NICU

NICU
NICU

 小さく生まれた赤ちゃんは、長い間保育器の中での生活となります。子宮内環境に近づけるために音や明かりの調整とポジショニング、母と子のつながりを大切にしたタッチングやカンガルーケアなど、赤ちゃんの発育・発達を促進する看護の提供に努めています。

GCU

 急性期が過ぎ、状態が安定してくるとNICUからの転棟となります。お母さんが赤ちゃんに慣れるようオムツ交換や授乳、沐浴など積極的に育児参加をすすめていきます。家庭内での養育に向けて、退院の準備をすすめていきます。

MFICU

MFICU
MFICU

 制限の多い入院生活の中で少しでも安楽に過ごせるよう、一人一人の患者さんの状態に合わせた看護を提供させていただいております。一般的な治療で経過を見ることが可能になった時点で、同じ階の産科病棟に転棟していただきます。

 当院は、ハイリスク症例だけでなく、通常の分娩も受け入れています。妊婦健診や分娩に関するお問い合わせは、福井県立病院 産科外来(平日9:00~16:30)までお気軽にお問合せ下さい。(里帰りの方、他院から受診される方は紹介状が必要になります)
助産師外来や母親教室なども行っています。詳しくはこちら!!

 助産師外来リンク  母親教室リンク

研修会の様子   患者カンファレンス
     研修会の様子         患者カンファレンス

スタッフ紹介

スタッフ数

小児科医師   9名
産婦人科医師  8名
※ 専任の医師が常時勤務しています
助産師     16名
看護師     37名
*他、産科 助産師17名、看護師9名

看護体制

3交代制

看護師・助産師 配置数

NICU・MFICU

患者さん3名に対し、常時、看護師または助産師 1名
日勤はNICU 10~12名、MFICU 2名
夜勤はNICU 4名、MFICU 2名

GCU

患者さん6名に対し、看護師1名
日勤は1~2名、夜勤は1名

実績

NICU入院患者数

 

分娩件数

 

多胎分娩件数

 

母体搬送数

母子医療センター実習者抗体保有状況調査書

母子医療センター実習者抗体保有状況調査書

母子医療センター実習者抗体保有状況調査書は、こちらからダウンロードできます。

ダウンロード時は右クリックメニューの”対象をファイルに保存”でファイルを保存して使用してください。

イベントカレンダー
6月 2017
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC