セカンドオピニオン外来

患者さん自身が、かかりつけ医以外の専門医師から意見を聞く「セカンドオピニオン」外来の相談窓口を設置しています。

 

セカンドオピニオンとは

  • セカンドオピニオンとは「かかりつけ医以外の医師による助言」を意味します。
  • かかりつけ医から病気と治療の説明を聞いたけれども、それが最良の治療法なのか不安に思うことなどがあり「自分の病状や治療方針について他の医師の意見を聞いてみたい」と考えておられる方のためにあります。
  • 患者さんやそのご家族が当院で「第二の専門医の意見」を聞くことにより、病気や治療方針についてより理解していただき、かかりつけ医でみずから選択した納得のいく治療を受けていただくことを目的としています。
  • 検査や治療は行いませんが、かかりつけ医からお持ちいただいた検査データをもとに、じっくりお話を伺ってアドバイスいたします。
 

セカンドオピニオン外来を受けられる方

  • 患者さん本人からの相談を原則としますが、やむをえない事情により患者さんご本人が来院できない場合は、患者さんからの同意書を持参したご家族だけでも結構です。
  • 相談に必要な資料(セカンドオピニオン診療情報提供書・検査データ・レントゲン写真など)を持参されている方。
 
 

セカンドオピニオン外来ではお応えできない場合

  • 最初から当院への転院を目的とし、当院での治療を希望しておられる場合
  • かかりつけ医に対する不満や、医療過誤および裁判係争の事案に関するご相談
  • 医療費の内容や医療給付に関わるご相談
  • すでに死亡した患者さんに対する治療法や、治療後の良し悪しの判断を目的とされる場合
  • かかりつけ医が了解されていない場合
  • 特定の医師・医療機関へのご紹介を希望されている場合
  • 相談に必要な資料(セカンドオピニオン診療情報提供書・検査データ・レントゲン写真など)をお持ちでない方。
 

セカンドオピニオン外来の原則

  • 完全予約制です。
  • 新たな検査は行いませんので、セカンドオピニオン診療情報提供書(紹介状)や検査データ,レントゲン写真などをお持ちになることが必要です。
  • 患者さんやかかりつけ医から指名された医師がある場合を除き、ご相談内容にもっともふさわしい専門医を相談担当医とします。

福井県立病院におけるがんのセカンドオピニオン担当医師情報についてPDF

 

セカンドオピニオン外来での相談を希望されたら

  • かかりつけ医にセカンドオピニオン診療情報提供書を書いて頂き、検査データ、レントゲン写真などを借り受けて下さい。資料は後日返却します。
  • かかりつけ医に県立病院のセカンドオピニオン外来予約をとっていただくよう依頼して下さい。
  • かかりつけ医を通して、予約の日時をお知らせします。
  • 予約された日時に、セカンドオピニオン診療情報提供書と借り受けた検査データ、レントゲン写真などをご持参下さい。
  • 患者さんからの直接予約も可能ですが、かかりつけ医からのセカンドオピニオン診療情報提供書や検査データ、レントゲン写真などは必ずお持ち下さい。
 

ご用意頂くもの

  • セカンドオピニオン診療情報提供書
  • 検査データ(病理所見を含む場合もあります)
  • レントゲン写真(CT,MRIなど)
  • ご家族だけの場合は患者さんの同意書(書式は自由です)
 

費用と時間

  • 患者さんやご家族への説明と、かかりつけ医への文書によるお返事を行います。
  • 1回につき 30分まで     10,800円
  •       30分を超えるとき 16,200円
  • 予約時間の関係もあり、1回につき最長60分をめどとします。
 

ご注意

セカンドオピニオン診療情報提供書や検査データ、レントゲン写真などを持参されずにセカンドオピニオンを求められても、セカンドオピニオン外来ではお応えできません。そのような場合には「なんでも相談窓口」で対応させて頂きます。

 

問合せ先

地域医療連携推進室 TEL 0776-57-2900
 ※陽子線治療については、陽子線がん治療センター TEL 0776-57-2981