あなたにピッタリの病院はここだ!ー後期研修編ー

後期研修レポート1

林医師

林 安奈(平成19年度後期研修)

出身大学:近畿大学

福井県立病院救急部での後期研修を体験して

 私は、初期研修を修了した後、専門分野として総合内科の道にいきたいなと考えていました。大病院の中の総合内科医となるか、診療所勤務もしてみたい、地域医療の分野もおもしろいな、などと考えていました。そのためには、救急の分野も深く関わってくるな、と思っていた時に福井県立病院の救急センターのことを知りました。救急に強い内科医を育てるという教育方針にとても興味があり3か月の研修を希望しました。

 walk inの分野では、自分の実際の診察の中においてcommon diseaseの中から緊急に対応すべき判断、そのための検査、コンサルテーションの仕方などを、随時フィードバックしていただけるので良い緊張感を持って吸収することができ、それをすぐ実践できる環境だったと思います。またセンター全体が共通の知識を共有できるように勉強会があったり、指導内容は、プリントやテキストにまとまっているため復習にとても役立ちました。教育の分野にも力を入れておられ学んだことを後輩に教える事で自分の知識の整理になるし、ゆくゆくはその後輩も育ち働きやすい環境になると、後期研修医としてのマネージメントの考えも教えていただきました。ACLSも繰り返し勉強会があり、実際の症例にそれを生かす事が出来るし、看護師や事務の方も積極的なのでセンター全体がまとまっていると感じました。三か月を振り返って、一言でいえば盛りだくさんな凝縮された3か月でこれからの医師人生に大きく影響を与えた3か月でした。

後期研修レポート2

小宮医師

小宮良輔(平成18年度~後期研修:救命救急、循環器)

出身大学:慶応大学、信州大学

現在:麻酔科後期研修医

 循環器科では、救急からの緊急カテが多く、研修医にも様々な手技や経験をしてもらう方針になっています。当直での診療も、朝のカンファでフィードバックがかかるため勉強になります。スタッフ、病棟の仲がよく、勤務体制もメリハリがあり、非常に働きやすい環境です。初期研修医からも2年次で選択研修する人も多く、人気の高い科です。循環器診療に少しでも関心のある方にはぜひ研修をお薦めします。

イベントカレンダー
11月 2018
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC