受診希望の方へ

相談・予約専門ダイヤル 0776-57-2981

はじめに

 陽子線治療は、陽子線の物理学的な性質を活かして、目的とするがん病巣に集中して照射し、周囲の正常組織への照射体積や照射線量を減らすことができますので、副作用が少なく、高い治療効果が期待できる治療法です。
 しかし、全てのがんを治せるわけではありません。また、陽子線を照射した部位に応じて、いろいろな副作用が出てくることもあります。
 ただ、多くの場合、1日の治療時間は20分から30分程度で、治療期間中に問題となるような強い副作用があらわれることは、ほとんどありませんので、入院の必要はなく、仕事を続けながら治療することも可能です。
 陽子線治療の内容、対象となる疾患や条件等については「陽子線治療とは  page link」を参照してください。

電話相談専用ダイヤル 0776-57-2981 陽子線治療について分からないことがありましたら、電話での相談にも対応しておりますので、お気軽にご利用ください。

一般的条件

  • 治療中(20分から30分程度)は、治療時の姿勢(仰向け等)を保持できること。
  • 治療を希望されるご本人が、病名や症状を告知されており、陽子線治療について良く理解し、治療を受けることに同意していること。
  •  かかりつけ医療機関の主治医、あるいは当陽子線がん治療センターの医師が、陽子線治療を実施する上で、適切でないと判断する疾患を合併していないこと。

受診までの手順

① かかりつけ医療機関の主治医と、陽子線治療以外の治療法も含めて、よくご相談ください。

受診までの手順

② かかりつけ医療機関にて、陽子線治療の適応判断に必要な検査を受けていただきます。
 もし、かかりつけ医療機関で実施することができない検査がある場合は、福井県立病院でその検査を受けていただくこともできます。

受診までの手順

 ③ かかりつけ医療機関の主治医より、福井県立病院陽子線がん治療センター(以下、「陽子線センター」という)あてに、チェックシート  page linkを送っていただきます。
 治療基準をすべて満たしている場合には、3)、4)を省略して、5)の紹介状等を持参して陽子線センターを受診していただいても結構です。

受診までの手順

 ④ 折り返し、陽子線センターからかかりつけ医療機関の主治医あてに、陽子線治療の可否、診察予約日時等を返信しますので、主治医にご確認ください。
 陽子線治療の適応が「否」と判定された場合でも、陽子線センターの医師から、直接、陽子線治療について説明を希望される方は、原則として、「セカンド・オピニオン」として対応させていただきますので、主治医を通じてその旨をお伝えください。

受診までの手順

 診察の予約日時に、保険証、紹介状、検査結果、画像検査データ等をご持参の上、陽子線センターを受診してください。

受診までの手順

⑥ 診察の結果、陽子線治療の対象になると最終判断された場合は、治療開始までの諸手続、説明や準備を行います。詳しくは治療決定後のお手続きをご覧ください。

↑ページ上部へ戻る

受診時にご準備いただくもの

1,2をご持参いただき、当日陽子線がん治療センター1階受付にご提出ください。

1、紹介元の医療機関にご用意いただくもの

  • 現在の主治医の紹介状(診療情報提供書)
  • 画像診断のフイルム、CD-Rなど (画像…PET、CTやMRI、レントゲン等)
  • 組織標本 (情報提供書に記載がある場合は不要です)
  • 各種検査結果 (情報提供書に記載がある場合は不要です)

2、患者様自身でご用意いただくもの

↑ページ上部へ戻る

ご予約

当院は完全予約制です。

相談・予約専門ダイヤル 0776-57-2981

 

セカンド・オピニオン

 陽子線がん治療専門医の立場から、陽子線がん治療の内容、陽子線治療とそれ以外の治療法との治療成績、副作用等について、じっくりとお話します。
 かかりつけ医療機関の主治医もしくはご自身で、当センターに日時予約のお電話をしていただき、必要な資料を御持参ください。
 費用は、1回につき30分までは10,800円、30分を超えるときは16,200円です。予約時間の関係もあり、1回の時間は、30分をめどとしています。
 ※必要な資料をお持ちいただければ、ご家族の方のみでも可能です。

<セカンドオピニオン費用>

30分以内 10,800円
30分超過 16,200円

↑ページ上部へ戻る

福井大学医学部附属病院の陽子線外来のご案内

 福井大学医学部附属病院における患者さんのがん治療の選択をサポートするため、陽子線外来を開設しました。
 陽子線外来では専門医による診察や検査等を行い、迅速な適応判断や円滑な治療手続きを実施するとともに、治療後の定期的な診察等も行います。

<実施日>原則第1・第3月曜日(祝日は除く)午前9時~12時(※予約制)
<担当医>陽子線がん治療センター 医師 佐藤義高
<場所>福井大学医学部附属病院 1階 先端医療画像センター診察室
<お問い合わせ>福井大学附属病院医療サービス課 0776-61-3111
<ご案内チラシ>こちら

敦賀外来のご案内

 嶺南地域にお住まいの方も、陽子線治療の適否についての診察等を受けられるよう、敦賀市内で毎月第2・第4金曜日に外来診察を行っております。

<外来診察日>毎月第2・第4金曜日 午後(※予約制)
<担当医>山本 和高(福井県立病院陽子線治療研究所長)他
<ご予約・問い合わせ先>
     国立病院機構敦賀医療センター 0770-25-1600
     市立敦賀病院 0770-22-3611

交通アクセス

敦賀外来のご案内

敦賀まで(JR) 長浜から25分 米原から30分 大津から1時間20分
京都から1時間30分 舞鶴から2時間
国立病院機構敦賀医療センター 敦賀市桜ケ丘町33-1
(JR敦賀駅から車・バスで20分)
市立敦賀病院 敦賀市三島町1丁目6-60
(JR敦賀駅から車・バスで8分)

↑ページ上部へ戻る

陽子線治療の手順

 治療が決まったら、固定具作成~CT、MRI撮影をしていただきますが、これには2日を要する場合があります。
この間、遠方からお越しの患者さんは病院の近くにご宿泊いただく必要があります。
宿泊施設のご案内  page link
固定具作成後から7日から10日後に、治療となります。

陽子線がん治療の手順

 

陽子線がん治療 陽子線がん治療
    胸部の固定具         陽子線照射の準備

↑ページ上部へ戻る

治療費と照射回数

治療費について

 陽子線治療費は、平成30年4月以降、小児・前立腺・頭頚部の一部・骨軟部腫瘍が、公的医療保険の対象になっています。公的医療保険の対象になっていないものは、患者のみなさまに全額ご負担いただくことになります。1件の陽子線治療についてかかる治療費は、次のとおり、陽子線を照射する回数により異なります。
 治療費については、陽子線治療1回目照射が終了した時に、会計窓口にて「納入通知書」をお渡ししますので、期日(発行日より10日以内)に一括でお支払ください。

治療費

※1 上記の治療費の他に、治療中の入院費や検査料等は別途必要となります。当センターの陽子線治療は、先進医療として認定されておりますので、公的医療保険の対象となる費用には、保険が適用されます。

※2 民間のがん保険等の先進医療特約の対象となります。具体的な内容は、加入されているがん保険等の担当者にご確認ください。

※3 陽子線治療のために支払った費用は、所得税(住民税)の医療費控除の対象となります。

照射回数

照射回数は、がんの種類、大きさ、病状等に応じて、医学的に決められます。

がんの部位 病名 分割回数/期間
鼻・顔面・のど等の耳鼻科領域 頭頸部腫瘍 35回/7週 26回/52週
非小細胞肺がん 10回/2週 22回/4.5週
肝臓 肝細胞がん 20回/4週
前立腺 前立腺がん 37回/7.4週 39回/7.8週
肺・肝・骨・軟部 転移性腫瘍 8回/1.6週

↑ページ上部へ戻る

先進医療について

 先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いたもので、保険診療の対象とすべきものであるかどうか評価を行っている医療で、当センターでの陽子線治療は、平成23年6月1日に先進医療に認定されています。
詳しくは厚生労働省ホームページ「先進医療を実施している医療機関の一覧等について」をご参照ください。リンク

先進医療は、通常の保険診療と併用できるため、その場合の費用負担は
 ①先進医療(陽子線治療費)については、民間医療保険の先進医療特約の対象
 ②先進医療(陽子線治療)に付随する検査や投薬などは、公的医療保険の対象
となり、患者さんの負担が軽減されます。 先進医療について

民間の医療保険の先進医療特約にご加入されている方へ

 お早目に保険会社へ陽子線治療をする旨を伝えていただき、治療決定後、速やかに会計窓口に保険会社より送付されました書類をご提出ください。適宜診断書等を作成し、本人にお渡しします。
 なお、診断書の作成には3,000円(税抜)が必要となります。

↑ページ上部へ戻る

福井県内居住者への優遇制度

 福井県では、陽子線治療を受ける患者のみなさまの経済的負担を軽くし、治療を受けやすくするため、福井県にお住いの方に対し、次の優遇制度を設けています。
 詳細は、陽子線がん治療センター(0776-57-2981)までお問い合わせください。

1.治療費の助成

対象 福井県内に1年以上お住まいの方
内容 陽子線治療費(240万円から260万円)について、1治療あたり25万円を助成します

2.嶺南地域にお住まいの方に対する通院交通費の助成

対象 福井県内の市町のうち、敦賀市、小浜市、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町に1年以上お住まいの方
内容 陽子線治療を受ける際に、通院1回あたり3,000円を助成

3.治療資金を借り入れた方に対する利子補給

対象 福井県内に1年以上お住まいの方で、課税総所得が600万円以下の世帯に属する方
対象金額 金融機関からの借入額235万円以内(陽子線治療費相当額以内)
対象利率限度 年利率6%以内
利子補給率
・所得税非課税世帯 10/10
・課税総所得600万円以下の世帯 1/2
利子補給期間 第1回利子支払日から5年以内

↑ページ上部へ戻る