陽子線治療とは

陽子線治療とは

 陽子線治療は、陽子線という種類の放射線を用いた放射線治療の一つです。
 がん治療に利用される放射線は、大きく光子線と粒子線の2つに分けられます。
 光子線とは光の波であり、X線・ガンマ線など従来の放射線治療に広く利用されています。
 これに対し、粒子線は、水素や炭素などの原子核といった粒子を加速した放射線です。
 水素の原子は、+(プラス)の電荷を持つ陽子が1個の原子核の周囲を、-(マイナス)の電荷を持つ電子が回っていますが、その水素の原子核(陽子)を取り出して加速した放射線が陽子線であり、その陽子線を利用した治療法を陽子線治療と呼んでいます。

↑ページ上部へ戻る

陽子線の特長

陽子線の特徴 通常の放射線治療で使われているX線は、体外から1方向で照射すると、図のように体の表面近くで吸収される放射線量が最も多くなり、深さとともに次第に減少していきます。
 このため、がん病巣に至るまでに正常組織が障害を受けてしまいます。また、がん病巣の後方にも照射されてしまいます。 
 一方、陽子線は、その速度(エネルギー量)に応じて、一定の深さにおいて放射線量がピークになる特性(ブラッグ・ピーク)を持っており、エネルギー量などの調節により、このピークをがん病巣に合わせることが出来ます。また、ブラッグ・ピークのすぐ後ろで停止してしまい、それより深いところには達しないので、がん病巣より後方の正常組織には照射されません。

陽子線の特徴

 1方向から照射した場合の線量分布の模式図を示します。X線(左)では、がん病巣よりも浅い部分に多く照射され、深部にある危険臓器(放射線照射により問題となる副作用がでてくる危険性の高い臓器)にも照射されてしまう。陽子線(右)では、がん病巣よりも浅い部分への照射線量を少なくすることができ、深部にある危険臓器には、まったく照射しないことも可能となります。

 つまり、陽子線を用いると、その物理学的な性質により、目的とするがん病巣に集中して照射し、かつ、周囲の正常組織への照射体積や照射線量を減らすことができますので、治療成績の向上と副作用の低下が可能になります。すでに、前立腺がんや肝臓がんでは、外科手術に匹敵する治療成績が報告されています。

 陽子線照射による身体的な負担はほとんど無いので、外科的手術が困難な全身状態の良くない場合や、高齢者に対しても、比較的安全に治療を実施することができます。

 1回の治療時間は、位置合わせ等を含めて20分から30分程度で、この間は、ベッドの上でじっとしていれば良く、痛みなどを感じることはありません。これを、1日1回、予定された回数まで続けていきます(8回から39回、がんの状態等によって決められます)。陽子線治療のために入院する必要はありません。身体への負担も少ないので外来通院で治療でき、仕事を続けながら治療することも可能です。

 また、形態や機能を保持することができるので、治療後のQOL(Quality of Life:生活の質)を良好に維持することができ、治療前と同様の生活を続けることができます。

陽子線治療の特長

◎ がん病巣に集中して照射できるため、高い治療効果が実現できるとともに、正常組織への障害を少なくできます。
◎ 身体の機能や形が損なわれることなく治療ができます。
◎ 放射線の影響を受けやすい器官の近くにある病巣に対しても、治療ができる可能性が高くなります。
◎ 手術と比較して身体にかかる負担も少ないため、高齢の方にも優しい治療です。
◎ 身体にかかる負担も少なく通院で出来るため、仕事を続けながら治療することができます。

↑ページ上部へ戻る

陽子線治療の一般的条件

  1. 治療中(20分から30分程度)は、治療時の姿勢(仰向け等)を保持できること。
  2. 治療を希望されるご本人が、病名や症状を告知されており、陽子線治療についてご理解いただいた上で、治療を受けることに同意されていること。
  3. 陽子線治療を予定している部分に、これまで、多量の放射線を照射されていないこと。
  4. 陽子線治療を実施する上で、適切でないと判断される疾患を合併していないこと。

↑ページ上部へ戻る

陽子線治療の対象としているがん

現在、福井県立病院 陽子線がん治療センターで対象としているがんは以下のとおりです。

  1. 頭頚部腫瘍 鼻、口、のどや、その周囲の領域のがん
  2. 肺がん
  3. 肝臓がん
  4. 前立腺がん
  5. 転移性腫瘍 肺・肝臓・リンパ節等に転移したがん
  6. その他

それぞれのがんの陽子線治療の条件や内容については、ボタンをクリックしてください。

  • 頭頸部腫瘍について
  • 肺がんについて
  • 肝臓がんについて
  • 前立腺がんについて
  • 転移性がんについて
  • その他のがんについて

↑ページ上部へ戻る

新しい治療システム

 2014年3月より運用を開始した『新治療室』には、これまでの陽子線治療技術に加え、世界初の新しい2つの機能を搭載しています。1つは『積層原体照射』、もう1つは『CT自動位置決め』といいます。

積層原体照射

積層原体照射
【積層原体照射 イメージ図】

 積層原体照射とは、薄い層の陽子線を深いところから浅い方へ順々に積み重ねるように照射していき、同時にマルチリーフコリメータ(MLC)で層の形を変えながら、照射領域をがんの形に合わせる照射方法です。この方法によって、がん周辺の正常組織に対する余計な線量を大幅に減らしつつも、がんへの線量集中性はより高くなりますので、副作用の低減と治療効果の向上が期待されます。この方法による治療は、特に放射線に弱い臓器が複雑に散在する頭頸部に対して有効であると考えられ、主に頭頸部腫瘍に適用します。

CT自動位置決め

CT自動位置決め(H26.3.15プレスリリースの模様)
【CT自動位置決め(H26.3.15プレスリリースの模様)】

 10日以上にわたる陽子線治療期間中に、患者さんの体調の変化や治療の効果によって、がんやその周辺組織の形態が変わってしまうことはしばしばあります。従来は照射直前にX線TVで位置確認を行っていましたが、この方法では骨は確認できても、軟組織の形態変化までは対応できませんでした。そこでX線TVに代わってCT装置を利用することで、日々の患者さんの状態に適応した高精度位置決めが可能になりました。また自動で計算・寝台移動ができるので、治療時間が短縮され、患者さんの負担軽減にも役立っています。

 

↑ページ上部へ戻る