2017年09月12日

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017ふくいに参加しました!

 

リレー・フォー・ライフは1985年アメリカのゴルディー・クラット医師が行ったチャリティーマラソンから発展し世界中に広まった、がんと向き合う人たちの勇気を称え、苦しみを分かち合い、共に支えあって生きていくことを再確認するイベントです。
中心となるのは「リレー・ウォーク」で交代で夜通し会場内をウォーキングします。24時間常にがんと闘っている患者さんの生活を、参加者全員で分かち合うことを象徴しています。

陽子線がん治療センターのスタッフは福井県立病院のチームの一員として参加し、他のチームと共にリレー・ウォークを行いました。