がん医療センターの紹介

 がん医療センターは、がん患者の増加に対応するとともに、患者さんの利便性の向上を図るため、平成28年4月に緩和ケアセンターを開設いたしました。

がん専門外来  pagelink

 がんの専門外来は各診療科の外来とは別に、専用フロアの専門診察室で診療を行います。

※病院本棟で行うがん外来もあります。

外来化学療法室

 抗がん剤治療の進歩に伴って、外来で抗がん剤治療が行われることが多くなり、外来で安全・快適に抗がん剤治療を受けることのできる環境づくりを心がけています。
 県立病院では、平成25年4月に外来化学療法室のフロア面積を従来の約4倍に拡大し、ベッド数を16床から20床に拡張しました。 広く、明るく快適な環境の中で治療を受けていただけるようになっています。
 外来化学療法室

待合室

 中庭に面し、窓から光がそそぐ明るい待合室で、診察をお待ちいただきます。
 待合室

特徴

がん相談  pagelink

 がん専門の認定看護師、がん相談員が患者さんからのさまざまなご相談をお受けします。 
   専門看護師・認定看護師紹介のページはこちらから

 がん相談
                がん相談窓口

緩和ケアセンター


                緩和ケアチーム

 緩和ケアは、がんの治療ができなくなってから始めるものではありません。重い病気を抱える患者様やその家族一人一人の身体や心などの様々な辛さをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことで、がんと診断された時から始まります。

緩和ケアセンターでは
① 外来の患者さんに対し苦痛のスクリーニングを行い、苦痛緩和のために緩和チームが連携し対応します。
② 退院後にも緩和ケアが受けられるように地域との連携をとります。
③ 緩和ケア病床を確保し、24時間緊急入院ができる体制をとります。
④ 専門的緩和ケアを提供します。
  毎週金曜日 緩和ケア専門医による診察
  がん看護専門看護師による看護外来                

患者さんの利便性

 センター専用の出入口、受付および会計がありますので、治療から会計までをセンター内で行うことができます。
※レントゲン、CT、MRといった画像診断、生理機能検査などは、これまで同様病院本棟で行われます。

治験への取り組み

 治験とは、新しい薬の有効性や安全性を確認する試験です。 治験は勇気ある患者さんの参加なくしては成り立ちませんが、参加すると最先端の抗がん剤治療をいち早く受けるチャンスとなります。 県立病院では、抗がん剤の治験によって最先端の治療を提供できるよう、努力を続けていきます。
  治験のページはここをクリック

薬剤の相談

 がん治療専門の薬剤師が常駐し、抗がん剤などの薬剤について、患者さんからの相談をお受けします。

チーム医療の導入

 患者さんが高水準のがん医療を受けることができるよう、胃がん、大腸がん、肝がん、肺がんに対して「チーム医療」を導入し、主治医だけでなくチームとして複数の専門医が治療を担当します。
  主治医と各分野の専門医、看護師、薬剤師などが参加して「キャンサーボード」という症例検討会を行い、一人ひとりに最適な治療法やケアを提供します。

診療実績

院内情報  pagelink

がん情報サービス pagelink

都道府県がん診療連携拠点病院

 福井県立病院は、厚生労働省が県の中心的がん診療機能を担う病院として指定した都道府県がん診療連携拠点病院です。
 専門スタッフの配置、集学的治療の実施、緩和医療やセカンドオピニオンの提供、地域の病院や診療所との連携体制の構築などの役割を担っています。がん相談支援センターを設置し、県内に対して研修・情報提供を行い、連携協力体制、相談支援体制の調整を行っています。

 

緩和ケア病棟へリンク

イベントカレンダー
6月 2017
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC