皮膚科

皮膚科の紹介・特色

画像

急性期病院として皮膚疾患重症患者を多数受け入れ

 当院皮膚科は、皮膚の重症疾患や急性期疾患の診療拠点としての機能を担っており、難治遷延し治療調節や精査を必要とする症例や、あるいは緊急処置や入院加療の必要な症例を中心に、診療を行っています。全身疾患が併存する方も多く、関連他科と連携して診療にあたります。手術が必要な症例は、形成外科とも連携しています。
 国からの指導に従い、地域医療機関(かかりつけ皮膚科医/主治医)との役割分担を重視し、紹介状を持参された方を優先して診療を行っています。また、症状の改善や安定後には、かかりつけ医への逆紹介をご案内しています。

紹介状を持参の方へ
 地域医療連携推進室を介さず、紹介状を当日持参し受診された際には、予約診療などの影響から待ち時間が長くなる場合がありますので、どうぞご容赦下さい。

紹介状をお持ちでない方へ
 緊急疾患の場合は当科で対応させて頂きますが、それ以外の方は、まずは地域医療機関(かかりつけ皮膚科医)での診療をお願いしております。

皮膚科の対象疾患は様々です
 皮膚は外界との境界となる、人体最大の重要な臓器。全身疾患を反映する皮疹もあります。

 皮膚には体外の病原体や刺激から身を守るための様々な機能があります。皮膚の破綻は、感染の侵入門戸となり、あるいは体液喪失の原因となり生命に危険が及ぶこともあります。「皮膚は内臓の鏡」ともいわれ、関連する特徴的な皮疹から膠原病や悪性腫瘍をはじめとした全身疾患の診断が可能となる場合があります。皮膚科医は、局所病変だけでなく、多くの全身疾患をまず皮膚症状の視診から鑑別を進め、診断・治療を進める専門家です。

地域基幹病院の皮膚科として

 皮膚腫瘍の切除(形成外科と連携治療も行っています)、尋常性乾癬への生物学的製剤を用いた治療、光線療法(エキシマライト、ナローバンドUVB)の施行、各種アレルギー症例での皮膚反応テストの実施などを積極的に行っています。入院を必要とする各種病態(蜂窩織炎、帯状疱疹、アトピー性皮膚炎あるいは自己免疫性水疱症など)のほか、診断・治療に難渋されている皮膚症状を診られた場合には、是非当科にご紹介ください。 

実績データ

 画像

対象疾患名

湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・接触皮膚炎・自家感作性皮膚炎・貨幣状湿疹・虫刺症・汗疹・痒疹など)、乾癬(尋常性乾癬・膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症など)、蕁麻疹、感染症(細菌・ウイルス・真菌など)(蜂窩織炎・丹毒・膿痂疹・化膿性粉瘤・帯状疱疹・カポジ水痘様発疹症・単純ヘルペス・水いぼ・白癬・カンジダ症・疥癬など)、中毒疹・薬疹、水疱症・膿疱症(尋常性天疱瘡・落葉状天疱瘡・水疱性類天疱瘡・掌蹠膿疱症など)、熱傷、褥瘡、色素異常症(白斑など)、膠原病・皮膚膠原病、脱毛症、皮膚腫瘍(良性・悪性)(粉瘤・脂肪腫・脂漏性角化症・色素細胞性母斑・基底細胞癌・有棘細胞癌・悪性黒色腫など) 

施設認定

日本皮膚科学会認定研修施設
生物学的製剤使用承認施設(日本皮膚科学会)

医師紹介

外来担当医師表