こころの医療センター紹介

精神医療変革の時を迎えて

 こころの医療センターは、1950年に福井県立精神病院(単科精神科病院)として発足し、中核的基幹病院として福井県の精神科医療に貢献してきました。2000年に福井県立病院と組織統合し、同病院精神・神経センターとなり、さらに2004年から現在の名称である「こころの医療センター」に改称されました。当センターは、精神科、心身医療科、デイケア科、作業医療科から構成され、全国的にも単科の精神科病院が大多数の中、一般身体科と隣接した総合病院機能上のメリットを活かし、高度な医療技術や設備を駆使して、心身両面からの先進的医療を展開してきました。

 現代の複雑なストレス・高齢化社会において、精神疾患の病態はますます多様化し拡がり、がんなどと並ぶ5大疾病に指定されています。近年、救命救急センター患者の10%程度は自殺企図やうつ病・認知症など精神科関連といわれ、身体と精神の両方の傷病を併せ持つ緊急・重症な患者も多く、その対策は喫緊の課題です。これら精神医療変革の潮流を見据えて、2018年1月に組織再編し(図1のごとく4病棟198床)、全国10番目中部地方初の精神科救急合併症病棟を新設しました。既存の精神科救急病棟と合わせた2つの高機能病棟は全国2番目という先駆的な取り組みです。稀少な救命救急センター併設の総合病院精神科の特性や強みを活かして、心身両面からの高度急性期医療を重点的に担っています。90日以内の早期退院・地域移行を原則とするこれら両病棟を支えるべく、重度難治性病棟、地域包括支援病棟、および退院後まだ不安定な患者を地域で支える訪問支援体制(訪問看護師の専従8名体制など)やデイケアを強化しました。これらの導入にはクライシスプランや多職種間情報共有シートを駆使して、急性期入院治療から退院後の地域生活へと切れ目のない個別的な支援体制でチーム医療を実践しています(図2)。

 再編から1年間の2つの高機能病棟への新入院患者数は、東3精神科救急病棟:269人、東4精神科救急合併症病棟:218人の計487人と、再編前に比べて約10%増加しました。入院経路では、救命救急センターからの入院(東3:31%;東4:27%)、精神科病院・診療所から転入(東3:16%<東4:31%)、一般病院・診療所から転入(東3:18%;東4:14%)、院内他科から転科(東3:5%<東4:19%)が上位を占め、救急や心身両面からの多様なニーズに応える地域連携拠点としての役割・機能が示唆されました。退院経路では、自宅退院(東3:86%>東4:58%)、施設退院や他病院転院(東3:12%<東4:35%)、院内他科へ転科(東3:3%;東4:4%)の順でした。東4への新入院患者218名中108名(約50%)が広汎な領域に及ぶ重症な身体合併症患者であり(手術を要する病態や骨折:38人、薬物中毒・意識障害:22人、呼吸器系疾患:12人、内分泌代謝性疾患:8人の順で)、その精神疾患別分類は統合失調症圏(31%)、気分障害圏(29%)、器質性・認知症(20%)の順でした。

 これらまさに心身両面からの高度急性期医療を円滑なベッドコントロール下で実践するには、急性期の治療は当院で行い、急性期を過ぎた治療は地域で担って頂く機能分化・医療連携が必要になります。当センターでは入院治療の全般的な基準を設け、手術や緊急措置などを要する身体合併症やハード救急などより重症な緊急性の高い事例を優先的に入院して頂いています。円滑なベッドコントロール下で心身両面からの高度急性期医療を実践するには、急性期の治療は当院で行い、急性期を過ぎた治療は地域で担って頂く機能分化・医療連携が必要になります。稀少な救命救急センター併設の総合病院精神科の特性を活かし(コミュニティ精神医療の連携拠点として)、さらなる精神科救急合併症医療の強化・推進に向けて、皆様のご支援・ご紹介と緊密な連携を心よりお願い申し上げます。

トピックスおよび関連記事紹介

各部門紹介

 

外来部門

こころの医療センターの「外来紹介予約制」のお知らせ  pagelink

こころの医療センターの「外来診療時間」のお知らせ  pagelink

 精神科外来は本棟2階西側に、心身医療科外来は本棟1階南側にあります。

 外来部門では、通院治療、デイケア、精神科作業療法、訪問支援、アルコール外来、身体科病棟への往診などを実施しています。

 以前は一日平均二百名を超える患者さんが外来を受診され、許容限界を超え待ち時間が長いと不評でした。このため、紹介外来予約制を導入し、患者さんの病状や経過によっては、通院の利便性の良い他の医療機関を紹介しました。また、外来診療を原則午前中として、午後は救急・急性期や重症の患者さんなどを中心とした病棟業務に重点を置く体制としました。その結果、2019年度の外来患者数は一日約百数十名となり、一人当たりの診療時間を確保する効果も生んでいます。外来機能の充実のため、今後も地域医療連携の流れを着実に推進していきたいと考えています。

入院病棟部門

病棟デイルーム
ゆったりとくつろいだ雰囲気の病棟デイルーム

 こころの医療センターの入院病棟は、静かな環境とするため、本棟西側と渡り廊下で接続、独立して配置されており、精神科救急病棟、救急合併症病棟、重度難治性病棟、地域包括支援病棟、アルコール依存症治療プログラム、心身ストレスケア、退院前多職種訪問支援など、機能分化した病棟や地域包括的ケアシステムを備えています。

 現代のストレス・高齢化社会において、救命救急センター患者の10%程度は自殺企図やうつ病・認知症などの精神科関連と言われ、福井県では精神科救急情報センターを中心に、夜間・休日の精神科救急医療当番病院システムが整備されています。福井県立病院は、県内唯一の救命救急センター併設総合病院であるという特性上、県内全域から身体合併症を含む緊急・重症な精神疾患の方が集中的に紹介・搬送されてきます。これらに対応すべく、精神科急性期医療を多職種協働の手厚いチーム医療体制で行う精神科救急病棟(2007年~)および精神科救急合併症病棟(2018年~)を開設し、これらを支える地域包括支援病棟および重度・難治性病棟を強化しました。患者さんが速やかに病状回復し早期の社会復帰が図られるよう、医師・看護師・精神保健福祉士・心理士・作業療法士・理学療法士ら多職種が緊密に連携して治療にあたっています。

 当科の特色として、「心身両面からの全人的な医療」を実践していることが挙げられます。総合病院には、内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科などいろいろな診療科があり、種々の検査や診察・治療を受けることが可能です。心の病気は、心だけでなく身体にも様々な症状が出ることがあります。また、逆に身体の病気に心の症状を合併することも高い頻度で認められます。他の身体科との緊密な連携によって、より広くより柔軟に、心身両面の病態に対応することが可能です。このような総合病院の特性を活かして、心身両面から緊急措置を要する精神科ハード救急や重症な身体合併症を併せ持つ患者さんのための精神科救急合併症病棟を、前述のごとく2018年1月に開設し、地域の喫緊・多様なニーズに応えるべくフル稼働しています。

精神科リハビリテーションと社会復帰への支援

精神科デイケア

多目的スペース
精神科デイケア:多目的スペース

 対人交流や集団活動などを通じて、より豊かな社会生活を目指していくため、個人の病状や目的に応じたリハビリプログラムを多職種チームスタッフと一緒に実践していきます。医師・看護師・作業療法士・臨床心理技術者といった多職種チームで運用しています。

このような方にお勧めします

  • 退院後、自宅での生活が不安定
  • 日常生活のリズムを整えたい
  • 趣味や楽しみを見つけて、生活の質を高めたい
  • 病気や薬について、学びたい
  • よりよい人間関係や仲間づくりをしたい
  • 夢や生きがいを持って、かなえたい

作業医療科

 入院患者さんおよび通院患者さんの生活に視点を置き、その人らしさを大切にしながら健康を回復し主体的な生活が送れるよう、日常生活に必要なスキルや能力の獲得や地域で生活していくための支援を行っています。

作業医療科での支援・働きかけ
  • 症状安定化に向けての支援
    作業医療科:運動・リハビリ教室
    作業医療科:運動・リハビリ教室
  • 基本的な日常生活への援助
  • 就労・職場復帰への援助
  • 対人関係・社会性の改善
  • 趣味・余暇活動の育成
  • 心身のリハビリテーション
  • レクリエーション

精神科訪問支援

 外来通院患者さんが安心して治療を継続しながら快適な生活を送ることが出来るよう、看護師や精神保健福祉士などの専門職がご自宅に伺い、様々な総合的生活支援をする制度です。利用を希望される方は、主治医または病棟・外来看護師、精神保健福祉士にご相談下さい。

 このような方にお勧めします

  • 再入院を繰り返している方
  • 治療を続けることが途切れがちになっている方
  • 病院と付き合いながら地域での生活を持続しようとしている方
  • 自分の中に閉じこもりがちで、日常生活や人間関係が上手く機能していない方
  • 家族として、どんな対応をしたらよいか分からない方
  • 独身生活で回りに相談できる人がいない方

時間外診療

 時間外診療(夜間・休日)は、福井県では精神科救急医療当番病院システムが整備されています(治療を受けている場合にはかかりつけ医療機関での対応が優先)。夜間・休日の緊急な場合は、福井県精神科救急医療情報センターにご相談下さい。(電話:0776-63-6899)

総合病院精神科は脳・こころと身体をつなぐコミュニティ医療の連携拠点
地域の医療機関と共に、高度急性期医療を推進

 当センターは複数の多大な労力を要する精神政策医療を重点的に担う、救命救急センター併設の有床総合病院精神科です。2019年1月に東4精神科救急合併症病棟を新設、退院早期まだ不安定な患者を地域で支える訪問支援システムなどのアウトリーチを強化しました。疾病性の高いハード救急や身体合併症など、緊急・重症患者を最優先に心身両面からの高度急性期医療を推進しています。
 病院完結型から地域包括型医療へシフトする中で、さらなる精神科救急・合併症医療の強化・高機能化に向け、地域の医療機関の皆様のご支援と緊密な連携をお願い申し上げます。

老年期うつ病や認知症の早期鑑別診断・検査入院
認知症と老年期うつ病の経過や臨床特徴の相違点

 高齢化が進み、認知症患者が急増する中、総合病院では高度な画像機器や検査体制を駆使して、正確な診断に基づく疾患ごとの個別的な治療やケアが可能です。
 老年期は、老化や病態など生物学的要因に加えて心理社会的要因からうつ状態を呈しやすくなります。老年期うつ病では悲哀感が目立たず、認知機能の低下がある場合は気づかずに進行することが多くあります。高齢者では認知症とうつ病の相違点や重なりを常に念頭に置き、早期発見・早期治療が重要です。
 また、認知症との鑑別など確定診断のための検査入院も有用です。短期間で集中的に検査を実施でき、薬物導入や退院後の生活支援や社会資源介入のきっかけとなるなど、その意義は大きいと考えます。

地域の医療機関との相互連携的なコミュニティ精神医療へ

 高齢化ストレス社会を反映して、総合病院精神科以外では対応困難な心身両面からの対応を要する精神科救急および身体合併症の症例が増加し、総合病院精神科のニーズが高まっています。重症な急性期の治療は当院で行い、急性期を過ぎた治療は地域で担うという、心身両面からの相互連携医療的・シームレスな診療体制が必要になります。
 円滑なベッドコントロール下でその役割を十分発揮するには、当院での治療後、かかりつけ医として迅速に当該患者を再び受け入れて頂く必要があります。縦断的な視点から緊密な連携を心よりお願い申し上げます。

変わるアルコール依存症治療 -総合病院で身体科と連携した飲酒量低減-
「ハームリダクション」の観点を治療に導入

治療の選択肢として、精神科デイケア”依存症回復プログラム“

 日本国内でのアルコール依存症患者は109万人、アルコール依存症予備軍と言える1日あたりアルコール60g以上飲酒する多量飲酒者は980万人にのぼると推計されます(2013年厚生労働省研究班)。県内でもアルコール依存症や多量飲酒に伴う健康問題で、多くの患者さんが苦しんでおられます。
 精神科では、福井県立精神病院時代の1986年より入院でのアルコール依存症リハビリテーションプログラム(ARP)を実施するなど、アルコール依存症の治療に取り組んで参りました。近年では、より多くの患者さんに治療に取り組んでいただけるよう、「3か月入院するのは難しい」とためらう患者さんには、通院で精神科デイケアの依存症回復プログラムに参加していただくなど、治療の選択肢を増やしております。

今年度よりナルメフェンの投与も開始、飲酒量の低減へ
AUDITアルコール使用障害同定テスト(簡易版) WHOが作成したスクリーニングテストでの最初の3項目で男性は合計5点以上、女性は3点以上で「危険な飲酒」または「アルコール依存症の疑い」と評価します

 これまでは、アルコール依存症の治療といえば「断酒あるのみ」だったのですが、最近は「最終目標は断酒だが、今すぐ酒を止めることはできなくても飲酒量を減らすことから始めて、飲酒による害をできるだけ減らそう」というハームリダクションの概念が取り入れられています。
 精神科では、個々の患者さんが目指す飲酒行動の変容に向けてサポートしています。飲酒量の低減を目的としたナルメフェンの投与も今年度より開始しています。
 福井県でもアルコール健康障害対策基本法に基づく基本計画が策定されます。地域の医療機関の先生方においても、目の前の患者さんをアルコール健康障害から救っていただくため、生活習慣病のため治療中で、飲酒習慣を有する患者さんには簡易版AUDIT(アルコール使用障害同定テスト)を実施していただき、男性で5点以上、女性で3点以上の場合は、患者さんには精神科受診をお勧めくださるなどご支援のほどお願いいたします。

マインドフルネスなど専門プログラムで大規模・高機能なデイケアを実施
心身両面から「リカバリー」をサポート

豊かな地域生活を「リカバリー」の視点でサポート

 精神科治療においては、薬物療法と心理社会的アプローチを併用していくことが有効です。
 こころの医療センターデイケアでは精神疾患で治療を受けている方の地域生活を支えるために、再発予防・QOLの改善・社会参加を目的とし、多彩な精神科リハビリテーション(心理社会的治療)を行っています。
 特徴的なプログラム・支援としては疾患(統合失調症・気分障害・アルコール依存症)ごとの「心理教育」や「社会資源・IMR(疾病管理とリカバリー)教室」、担当者と短期・長期目標を設定しフォローしていく「面接相談」などがあります。ベースには”障害のある方が、各自で自分が求める生き方を主体的に追及する“という「リカバリー」の理念があり、患者さんの自発的な回復の力を促進し、自分らしい夢や目標を叶えていくことを大切にしています。

「マインドフルネス」を取り入れた心身両面からのケア

 当院ではストレスの低減や症状の緩和などを図るため近年、ストレスに対処する心のエクササイズとして話題の「マインドフルネス」を活動プログラムに取り入れています。ヨガや心理教育、瞑想などのワークを通して、「今、この瞬間に心を向け、自分の体験に気づいて自動思考を止める」ことで、いつもの思考パターンから脱却し、新鮮な気持ちで考え、行動できるようになります。
 このような「マインドフル」な状態で芸術活動、調理、スポーツ、野外活動などのデイケア活動に参加することで、新しい発見や感動が得られ、より「マインドフル」な状態になるという相乗効果が期待されます。
 クリニック等に通院治療されている患者さんでも、当院デイケアを利用できます。マインドフルネスを取り入れたプログラムにご関心をお持ちいただけましたらお気軽にお問い合わせください。

リラックスヨガ
「リラックスヨガ」心身ともにリフレッシュできます
気分障害心理教育
「気分障害心理教育」集団認知行動療法を行っています
デイルームでの交流
「デイルームでの交流」楽しい会話でリラックス
 

診療実績

2019年度、こころの医療センタ-診療実績
一日平均入院患者 約150
平均在院日数 約100
一日平均外来患者数 約120~130

対象疾患

統合失調症、妄想性障害
気分障害、うつ病、躁うつ病
不安障害 (全般性不安障害、適応障害、社交不安障害、強迫性障害など)
アルコール・薬物関連障害
症候性・器質性精神疾患 (認知症を含む)
精神科身体合併症
心身ストレス関連障害・身体表現性障害
自殺未遂者ケア
精神保健福祉法の措置入院・緊急措置・応急入院
不眠症

精神科での主な治療法

薬物療法(標準的なガイドラインを踏まえた薬物選択)
治療抵抗性統合失調症に対するクロザピン療法
認知行動療法
SST、心理教育・疾患教育
アルコール依存症リハビリテーションプログラム(ARP
修正型電気けいれん療法
デイケア(マインドフルネスや運動療法など)
精神科作業療法
内観療法

医師紹介

外来担当医師表

施設認定および施設基準

応急入院指定病院
医療観察法指定通院医療機関
日本精神神経学会精神科専門医研修施設
日本老年精神医学会専門医制度認定施設
日本総合病院精神医学会専門医制度研修施設
日本認知症学会専門医制度認定教育施設
精神科救急入院料
精神科救急・合併症入院料
重度アルコール依存症入院医療管理料
精神科重症患者早期集中支援管理料
治療抵抗性統合失調症治療指導

お知らせ

 精神医療変革の時代を迎え、現代のストレス・高齢化社会では精神疾患の概念や病態は、ますます多様化し拡がり、迅速・適切な対応が不可欠になっています。当センターは、総合病院として他の診療科や様々な県内精神科医療機関との密接な連携の中で、心身両面に配慮した全人的な医療の提供と、多職種協働のチーム医療により、地域社会に開かれた高度急性期精神医療に取り組んでいます。早期発見・早期治療が大切ですので、お気軽にご相談ください。相談は精神科・心身医療科外来、医療生活相談室、「なんでも相談」で承っています。

イベントカレンダー
10月 2020
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031